FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

最近この人たちの記事ばかりで・・・・・
DSCF3316.jpg

いやいや、忘れたわけではないのですよ
DSCF3312.jpg
零戦をつくる・・・・・・
いつの間にか最終号。無事完結してしまっていたワケで。
その間、お金だけ振込続けていたワケで。

部屋の片隅にドッサリと山積みされた未開封の冊子。

子供が寝た後にコッソリ作ろうと
ベランダにひいてあったコレ(簀子)をバラして。
DSCF3313.jpg

ディアゴスティーニ専用棚を作って机に常設。
DSCF3311.jpg
さあ、準備ができたので再開・・・・・・はもう少し先になりそうです。ハイ。

スポンサーサイト
 34号 紫外線灯の組み立て
 P1090057.jpg
 LEDランプにカバーを接着するだけ。

 コックピットの左右に取り付ける。
 P1090058.jpg
 位置からして計器版を照らしてたのかな?
 P1090060.jpg
 
 遮風板。。。。。。鹿屋で見たのと同じだ。
 P1090059.jpg
 
翼端をシャフトで固定。
 P1090061.jpg
艦載機なので翼端はもちろん折りたためる。

 左翼が形になってきた・・・・・・右翼で同じ作業が・・・・・。
P1090062.jpg

 ゆっくり作ろう。

 遊びすぎた土・日の疲れがとれないので・・・・・
P1090046.jpg
 
 今日の零戦は適当に・・・・・・

 と思ったら想像以上の苦行
 フラップの組み立て。
 P1090055.jpg
 写真撮るのも面倒くさくて・・・・・

 フラップが終わったらちょっと飛ばしてタイヤハウスの組み込みをやった。
 P1090056.jpg
 零戦の翼ぽくなってきた。
 疲れたので寝ます。

 今日は職場の飲み会でビアガーデン。
IMG_2717.jpg
 燃料をたらふく追加して・・・・・・帰宅。

 週刊零戦をつくる31号 プロペラピッチ変更レバーと左翼の主脚制作にとりかかる。

 プロペラピッチ変更レバーを定位置に取り付け。
 P1080295.jpg

 サスペンションにステンチューブをはめ込み固定。
 P1080296.jpg

 バネはこのような感じで収まる。
P1080297.jpg

 マイクロネジで固定して終了。
 P1080298.jpg
  バリ取りは明日やろう。

 週刊零戦をつくる30号
左翼の主脚を作る。
P1080285.jpg
ホイールの形をヤスリで整えて

サスペンションのバリを落とす。
P1080286.jpg

サスペンションは真鍮ブラシでツヤを出してそれっぽく見せる。
P1080287.jpg

タイヤにホイールを組み込み主脚軸を取り付け。
P1080288.jpg

 マイクロネジで固定して
P1080289.jpg

 細かいパーツを接着
P1080290.jpg

 自動混合気調整装置をコクピット左側に取り付けて
P1080291.jpg

 3枚の小骨にコの字フレームを接着して今回の作業終了
P1080294.jpg


 週刊零戦をつくる29号LEDランプの取り付け。

 さぼっていた作業を再開。。。
P1080279.jpg
 計器版裏にLEDを組み込む。
 
 簡単に接着してから、明かりが漏れないようにパテ埋め。
 P1080280.jpg
 テスト点灯は電池がないのでまた後日。
 
 次に翼のLEDランプ。
 翼端灯は先を少し曲げてとりつける。
 P1080281.jpg
 
 小骨をばらしながら配線していく。
 P1080282.jpg

 片翼に3灯。
 P1080283.jpg
 配線の長さを間違えて、1本ハンダで延長したが無事収めることができた。

 燃料タンクと機銃を取り付けて今回の作業終了。
P1080284.jpg


28号の部品・・・・・。
P1060810.jpg
コックピットパネル!!・・・・とLEDテスター。

計器版の位置を間違えないようにシールを貼って、上から透明樹脂のフタを被せるらしい。
P1060811.jpg

 シールの表面にも、そのまま貼り付けられるようになっているので接着剤を使わず、はめこむだけ。
P1060812.jpg
 思った以上に細かい作業・・・・・最初は、コックピットパネルにテンション上がっていたが、段々苦行になってきた。

 とりあえず完成。 結構細かく再現してある。
P1060813.jpg


 鹿屋で撮ってきた零戦のコックピット(五ニ型)。
P1050910.jpg
 ・・・・ん? ブースト計の位置が違うけど・・・・。ニ一型と五ニ型では、計器の位置が違うのか?

 大雨・・・・・。
P1060799.jpg
 外に出れないので、溜まっていた零戦の作業を進めることに。

・・・・・・で

・・・・久し振りの

週刊零戦をつくる36

まずは左翼にフラップ隔壁を取り付ける。
P1060800-1.jpg
やっぱりちょっとだけ隙間が空いたけど・・・・・妥協することに。

 補助翼隔壁の取り付けも完了。
P1060801-1.jpg

 1.2mmロッドを6mmと5.75mmに切って、フレームに接着する。
P1060802-1.jpg

 コンマ5mmまで指定してあるが、マニュアル通りに切断しても使えないので、少し長めに切って削りながら調整していく。
P1060804-1.jpg

 高圧油タンク。 何リットル入るんだろう?
P1060805-1.jpg

 左側側面ボックスを接着。
P1060806-1.jpg

 燃料タンクに土台を接着していく。
P1060807.jpg

 ガンブルーで染めたボンベを取り付けて、今日の作業終了。
P1060808.jpg

 久し振りの作業。やっぱり楽しい。
 とりあえず、第27号まで完成・・・・・

 でも
 P1060809.jpg
 封を切ってないのが、まだこんなにあるのよね。
 ビニールにはいったままのパッケージを眺めるだけでも楽しいのだが・・・・。
 別に締め切りがあるわけでもないし、マイペースで作っていこう。

 零戦の下には、栄ニ一型エンジンが展示してある。
残念ながら、今製作中の一ニ型ではないが、大きさや細かいパーツのチェックには十分役に立った。
P1050892.jpg

 栄ニ一型エンジン全景。コレバイクに積んだら・・・・・・。
P1050893.jpg

 ヘッドカバーはシルバー。コレを見るとディアゴスティーニのパーツは、よく再現されていると思う。
 P1050883.jpg

 先日組み立てた電極菅。ナルホドこういう事なのね。
P1050884.jpg

 この辺の細かいパーツはどこまで再現されるだろう・・・・。
P1050886.jpg

 制作意欲が一気に高まった。 たまっている作業を進めないと。
P1050567_20100331194151.jpg

 史料館2Fは、主に旧日本軍関係の史料が中心。 遺品や遺書、模型等1日いても飽きないだろう。

 1Fは、航空自衛隊コーナー。 
 ハープーンミサイルや哨戒機・ヘリコプターのコックピットがそのまま展示してあり、自由に見学できる。
P1050926.jpg
 ヘリの内部。もちろん本物。 出来ればお世話になりたくない・・・・・・。

 対潜哨戒機のコックピット
 P1050918.jpg
 もうはしゃぎまくり。
 計器板やレバーがビッシリ・・・・・。

 もっとゆっくり見たいけど、今度の楽しみにとっておいて、外に出る。

 ニ式大艇!! 敵将がべた褒めした飛びぬけた性能を持った大型飛行艇。
テレビや本で見ることはあっても、まさか実物にお目にかかれるとは・・・・・。
 P1050934.jpg

 コックピットの窓から、その巨大さがわかる。
P1050935.jpg

 来てよかった。本当によかった。
P1050933.jpg

 大きい飛行機だが、とても美しいと思った。 なんかちょっと涙がでてきた。決して桜島の灰のせいではない・・・・。
P1050939.jpg

 平日のためか、ほとんど貸切状態。 存分に楽しめたが、絶対にまた行こう。
 売店でお土産を買って史料館を後にする。

 次回へ続く。



 いよいよ資料館内部へ。
自衛隊施設内ということで、制服を着たえらそうな人やセーラー服来た人がウロウロしている。
一般人は何かアウェーな雰囲気。 かなり緊張しながら中へ入る。
 資料館内部は撮影禁止。 
 入って右手に受付が・・・・・・。 ヤバイ。入場料とか調べてなかった・・・・・。と思ったら、「こちらにご記入だけお願いします」と名前・住所の記入だけで、すんなり中に入れた。

 順路は2Fから・・・・・そこに奴はいた。
P1050851.jpg
 零戦52型!! 

 写真も、この零戦だけはOKらしい
P1050853.jpg
 この配慮は、とても嬉しい。
 
 21型ならよかったけど、これでも十分ディアゴの参考になる。
 細かいところをチェックしまくる。
 P1050854.jpg
 主脚・・・・・・家に帰ると、ディアゴスティーニから、このパーツが届いていた。

 こんなところが布張りになってんのか。21型もいっしょかな?
P1050877.jpg

 海軍機の証、着艦フック。こうやってみると、何か頼りない。
P1050878.jpg

 主翼のフラップ
P1050859.jpg

 尾翼。少し触って見たが、ペラペラの外装。 展示してあるゼロ戦の破片もこんなもんなので、一発食らったらひとたまりもなかっただろう。 
P1050876.jpg

 展示機はもちろん踏んではダメです。
P1050871.jpg

 階段が・・・・・・。 どこに続いているかというと・・・・・
P1050901.jpg

 コックピット!!!!
P1050908.jpg

もう、これだけでも来てよかったあああああ。
 P1050911.jpg
 でも、こうやって見ると本当に狭い。 

 機体の下には栄エンジンが展示してある!!
P1050914.jpg

 次回、エンジン編に続く

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2019 キツネの車輪 , All rights reserved.