FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
P1010670.jpg
 神宮際・・・・・年に一度の大渋滞。どこにもいけないのでエロカバーに電飾を仕込むことに。
P1010674.jpg P1010676.jpg P1010677.jpg

明るいうちはよくわからないので、日が暮れるのを待つ。

P1010678.jpg

P1010680.jpg
 エアクリボックスの中に仕込んで見たが、なかなかサイバーでいい感じ・・・・・だと思う。
 
 

スポンサーサイト
P1010669.jpg
外しましたよ~

 ということは

P1010667.jpg

 キター!!

P1010668.jpg
 うまそうなチェリー味の飴玉!!
 さっそく取り付けた。

 感想は・・・・・・・・
 8ea9d455184d116f892d9b30a692461d_600x580-58693.jpg
 なんか懐かしい感じ・・・・・・
 明日、電飾とカッティングプロッタで仕上げよう。

 ドナドナド~ナドナP1010565.jpg
 Super wide Heliar 15mm F4.5
いいレンズだった。
機会があれば買い戻したい・・・・。
P1010567.jpg
 SIGMA DP1
 スローカメラと思えば、本当によくできたカメラ。
 モッサリしたインターフェースもフォーカススピードも、撮った後のRAW現像もすべて楽しかった。
 本当は、ずっと使い続けるつもりだったが・・・・・・

 これでGF1レンズキット その他諸々とトントンくらいの値段になった。
できればライカレンズは手放したくないが、90mmが2本あるので・・・・どちらか・・・・・。


c130.jpg
 10月5日に発注したスケスケカバー。先週末に航空便にて本国を出たとの連絡がはいった。
 今週中に到着の予感。
 エロすぎて、税関通らないかも・・・。

木村家のたいやき
P1010552.jpg
 出来の悪いプラモみたいなバリ付き。
このバリを取ると、中のあんこがもれてしまう。
薄皮であんこたっぷり。 

 コンロッドケースと混合気吸気管・シリンダーヘッドの組み立て
P1010543.jpg
 まずは混合気吸気管とコンロッドケースを接着
P1010544.jpg
 圧着 圧着
 次に、昨日染めの終わったシリンダーヘッドを接着していく
P1010545.jpg
 コンロッドケースと吸気管にひっかけて接着剤を流し込む。
P1010546.jpg
P1010547.jpg
とりあえず7気筒完成
P1010549.jpg
コンロッドケースでフタをして今回の作業終了
P1010550.jpg
さすがにズッシリと重い。

DMW-CGL1 (LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.レンズ専用)
DMW-CGL2 (LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-F5.6ASPH./MEGA O.I.S.レンズ専用)
14-45mm/F3.5-F5.6の到着にあわせて注文してみた。
EPSN5594.jpg
上パンケーキレンズ用 DMW-CGL1
下標準ズームレンズ用 DMW-CGL2 

 EPSN5592.jpg
 パンケーキレンズ対応のケースは、ご覧の通り。 無理すればこのままでも上着のポケットに入れることもできる。(無理すれば)
 EPSN5590.jpg
 ズームレンズに合わせてニョーンと伸びた形状のDMW-CGL2 
 もちろん、パンケーキレンズ装着時でもDMW-CGL2を使用することはできる(逆は無理)
 肩からぶら下げて歩くときはこっちがいいかも。
 EPSN5595.jpg
 ここ2年ほど単焦点レンズしか使っていなかったので、ズームレンズが魔法の用に便利に思える。
 遠ければ近づく、近ければ離れる・・・・・やっぱり自分は単焦点レンズが好みかな・・・・。

 仮組で終わらせていたシリンダーヘッドとコンロッドケース。
P1010514.jpg
 シリンダーヘッドのパテ埋めは、染めてからやろう。

 で、今回の作業はまずこいつ。
 コンロッドケースに直径1mm 深さ1.5mmの穴をあけていく。
 P1010515.jpg
 細かい・・・・・地味。
 とりあえず、マニュアル通り準備を進める。
P1010516.jpg
 1mmのピンバイスの先端1.5mmを計って
 P1010517.jpg
 マスキングテープで印をつけて
P1010518.jpg
 ほじる ほじる 合計14箇所。
 テレビを見ながら適当に作業を進める。

 終わったらスピナーカバーの磨きこみ
 P1010520.jpg
 こんなもんかな。
 目立つところなので再度磨いてコーティングを行うことに。
 P1010521.jpg 
 気分が乗ってきたので、シリンダーヘッド磨きと染めまで行う
 P1010522.jpg
 細かいパテ埋めと塗装が済んだら組み込もう。
 とりあえず今日は、ココまで。
 

ディアゴスティーニさん・・・・待ってくださいよ。
いつも水曜日に届くじゃないですか・・・・。
なんで月曜に届いちゃうんですか?
P1010513.jpg
・・・・・6号・7号、まだ終わってない・・・。
 カメラとかね・・・いろいろ忙しくて・・・・。

P1010459.jpg
あいにくの雨・・・・バイクには乗れない。
実家に行ったついでに、チキン南蛮 直ちゃんと・・・・
高田万十へ
P1010464.jpg
延岡名物?・・・・・だったのか・・・・
 タイヤキ・まんじゅう・ハムタイ(タイヤキの中身がハム)
十数年ぶりに行って見たが・・・・・
 P1010472.jpg
んマー!!
皮もほんのり甘みがあり、何個でもいけそう。
ハムタイも懐かしい。

 肌寒くなってきた。 冬も近い。
 P1010470.jpg
 大好きな季節がやってきた。

 もう少し冷えてきたら、亜酸化窒素をチャージしよう。
P1010111-2.jpg

P1010402.jpg
 戦国遊歩計(遊歩計 天下統一 ~歩いて戦国の覇者となれ~ )
・・・・・・・・無念。 全然持ち歩いていない。
 宇宙戦艦ヤマトは、あんなに盛り上がっていたのに、今回はいまいち萌えない。
 前作よりもボリューム感も増えてやり応えがありそうな感じだが、問題は自分が”まったく”歴史に興味がない!! ということだろう・・・・・か。
 中学・高校の社会・地歴の教員免許を持っているのだが、何を勉強して免許をもらったか、まったく思い出せない・・・・・・。
 前職で図書館の郷土資料調査員という、非常にアナログでかび臭い仕事をしていたのだが、その頃も歴史に興味があったわけではなく、おもしろくもなんともないまま、古文書に囲まれた仕事をしていた。 
 ただその頃、仕事で写真を撮る機会が多くなり、カメラに興味を持ち始めた時期でもあった。
 当時使っていたカメラがこれ。
 P1010403.jpg
 DMC-LC5 ブラック
 光学ファインダー・マニュアルフォーカスリング等、当時としては非常にマニアックなカメラだった。
P1010404.jpg
 金属ボディも、高級感を漂わせていて、持ち歩く喜び・飾る喜び・所有する喜びを与えてくれた・・・ちょい大げさ。
 そして、レンズ
 P1010406.jpg
 ズミクロン? LEICAの文字が誇らしげ刻まれている。 当時、ライカといえば、ただなんとなく高いカメラ。たまちゃんのお父さんのカメラ。 M3がいいらしい・・・・くらいの知識だったが自分のカメラにライカの文字が入っていることも、なんとなくうれしかった。
 思い出の多いカメラなので、売らずにとってある。 機会があれば、また写してみたい(現在バッテリー死亡中)
 その後、CANONのデジ一を数台買い替え、デジタルレンジファインダー、そしてまたLUMIXに戻ってきた。
LUMIXのロゴがイヤで即効、貼り革で隠したが、考えて見ると感慨深い。

P1010398.jpg
 注文していた、リアルレザーストラップ・液晶フィルム・ジャケット到着。
明日14mm-45mmズームレンズが来れば、とりあえずコンプリート。
 ライカマウントの購入も考えていたが、R-D1sの出番が無くなってしまうので購入を控えた。

 

P1010164-1.jpg

P1010172-1.jpg

P1010174.jpg
 帰宅路を変えてみた。

 シャッターを切りながらの帰り道。 

 秋の風も気持ちいい。
 

LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.注文!!
51Bx5jxeFCL.jpg
35mm換算で28mm-90mm。使いやすそうな画角。
マイクロフォーサーズは、×2倍が35mm換算値なので、計算が楽でよい。
 28mm・・・・・DP1の処分が現実的に。 
ライカの90mmも2本あるんだよな・・・・・・。
 とりあえず、ワイドへリアー15mmは処分しよう。

P1010109.jpg
DMC-GF1
シャッタースピード 1/10秒 f1.7 ISO800 
 
 職場を出ると、すっかり暗くなっていた。 
 35mm換算で40mmだが、手持ちで十分撮影できた。
パンケーキレンズと本体のバランスは、非常によい。
 P1010110.jpg
 シャッタースピード 1/20秒 f1.7 ISO800 
 ISO800では、そこまで嫌なノイズも出ない 
 カバンからパッと出せてパッと撮れるのがとても便利。

DMC-GF1を半日使ってみて感じたこと。

 LVFが思った以上に使いにくい。
リコーのように本体側に切り替えスイッチがあれば操作しやすいのだが、LVFの右側面に小さなボタンが配置してある。 コレが非常に操作しづらい。せめて親指で操作できる箇所にボタンを配置してもらいたかった。 
 それと、視度調整のダイヤルも右側面に配置してあるため、誤って回してしまうことがあった。
いざ撮ろうとしたら、ボケボケで何も見えない・・・・・なんてことも。 いずれも・・・・慣れの問題・・・かな?
 本体から抜けやすいといった意見がいくつかあったが、がっちりホールドされていて自然に落ちる感じはしなかった。  GX-100のファインダーよりもしっかりホールドされている。 気をつけていれば、移動中に落としてしまうことはないと思う。
 ファインダーの解像度が低いため、マニュアルフォーカスでのピント合わせを心配していたが、私的には全然問題なし。 
 後、付属のケースが予想以上によい出来。中がしっかりプロテクトされるしくみになっているので、安心してLVFを持ち歩くことができる。
 
 EVFで撮影したあと、自動で本体液晶ディスプレイに撮影画像がプレビューできるといいのだが・・・・。撮影はEVF プレビューは本体液晶ディスプレイ機能が是非欲しい。
ファームアップでお願いします!!

4984824861510.jpg

R1041783.jpg R1041784.jpg R1041785.jpg


R1041786.jpg R1041787.jpg R1041790.jpg


R-D1sと比較
R1041788.jpg
こうやって見るとR-D1sもスマートなのがわかる・・・・・重量が前々違うが。
R1041789.jpg
 革製ストラップ・液晶プロテクタ・上部カバーの入荷待ち。
 R-D1sで被写体との距離感やマニュアルフォーカスに慣れてきたのに・・・・・・やっぱりデジ一・・・便利だ。
 ライカレンズ全部処分してフルサイズ・・・・・・・・逝くか!? ウソウソ。 こんなユニークなカメラ手放しません。


R1041780-1.jpg
DMC-GF1 本体とLVFが到着。
やっと我が手に!! 
R1041781-1.jpg
 で、さっそく貼り革キットを貼ってみた。 ちゃんと貼れんのかなと心配だったが割と簡単だった。
 余計な文字が隠れて、雰囲気がよくなった。
 R1041782-1.jpg
 ロートルな雰囲気。

 とりあえずIAモードで遊んで見た。
P1010041.jpg P1010037.jpg
 P1010045.jpg P1010052.jpg


もうすっかり日が暮れてしまったが、IAモードの手持ちでしっかり写せた。 
最近のカメラは賢い。

しばらくはコレで遊べそうだ。



SDIM0002_20091018195754.jpg
 先日事故ったninjya乗り君のお見舞いのため、肉師匠と9:00ジャストにUMKで待ち合わせ・・・・・
が、肉師匠 来てない!!

 あ、メールが・・・・・・

 「今ゲロ吐いてます。 20分後に行きます」

 ・・・・・・・なんやねんこの人。

 ・・・と、ちょい遅れたが無事出発できた。
 SDIM0003のコピー
 いつもの場所で休憩。大きなドングリがいっぱい落ちていたので、夢中で拾って遊んだ。
  
 延岡駅でニンジャ姉さんと合流
 そのまま見舞いに・・・・・・は置いといてチキン南蛮「直ちゃん」へ直行。
SDIM0007のコピー
 以前のような行列もなく、割とすんなり店内に入れた。
 SDIM0010.jpg
 今日はコレ(チキン南蛮定食)ではなく・・・・・
 
コレ(モモ焼き定食)
SDIM0012.jpg
スパイスがしっかり効いててンマー!!
SDIM0013.jpg

 さて、直ちゃんにも行けたし、帰りましょうか・・・・・・・ではなく
 お見舞いに。
 その前に、事故でスクラップになったニンジャを拝見・・・・・写真を撮ろうと思ったが、バイクのあまりの変わりように、シャッターが切れなかった。
 本人は、割と元気そうで安心した。 看護婦ちゃん確かに美人でした。
それにしても事故が続く・・・・みなさん気をつけて。

 その後、肉師匠のリクエストで愛宕山へ
 SDIM0022_20091018202021.jpg SDIM0023.jpg
 SDIM0020_20091018202108.jpg  SDIM0028.jpg


 秋晴れの気持ちよい天候だった。
 
 昨日は、ロックさん達と深夜まではしゃいでしまったので、2人ともゲッソリした出発だったが、帰路は復活。久しぶりの広域農道も楽しかった。
 
 BUELL、もう製造中止らしい・・・・・事故らないように気をつけよう。

SDIM03001-1.jpg
DMC-GF1用の貼り革キット が届いた。 カメラはまだ手元にないので眺めるしかない・・・・。
 GF1のあちこちに記されたロゴや文字をこいつで隠せる。
 8-31-09gf1.jpg
        
p001_b.jpg
 実はこの貼り革キット を貼りたいがためにブラックを選んだ。 コレ+レザーケースでレトロな雰囲気に仕上がるハズ。
 

w650_20091015230300.jpg
 フロントの形はこんなもんかな?
今回はかなりシャドウでごまかしている・・・・。
デザインは妥協の産物(自論)

コの字フレームの取り付け
R1041775.jpg
 なぜコの字の必要があるのかわからないが、説明書どおり作っていく。
R1041776.jpg
 定規で測って、慎重に切断。素材が非常にやわらかいのですぐに歪んでしまう。
前回のようなニッパーでの切断は難しい。
 歪んだ形をピンセットで戻し形を整える。
R1041777.jpg
 長さ違いを3本接着して完成・・・・・とても地味な作業だ。
 R1041778.jpg
 ついでに小骨8番もランナーを切って、組み込み。
R1041779.jpg
 以上終り!!

SDIM0001_20091014213122.jpg
零戦をつくる6&7ディアゴスティーニの定期購読は、こんなビニールで送ってくる。
ビニールを破く瞬間は、年甲斐もなくワクワクしてしまう。
SDIM0002_20091014213314.jpg
 
 零戦をつくる第6号
 ○最もバランスがよかったニニ型
 ○フィリピン攻撃(後編)
 ○ポリカルポフI-16(ソ連)
 零戦をつくる第7号
 ○速度の向上を図った五ニ型
 ○日中戦争(前編)
 ○カーチスP-40ウォーホーク(アメリカ)

 今回の部品
 第6号
 ○スピナーカバー ○小骨6番 コの字形フレーム ○小骨7番前部 ○小骨7番後部 ○シリンダーヘッド
  R1041765-1.jpg
 今日はとりあえず小骨を組んで終わろう。
 R1041766.jpg
 小骨についているNoプレートを折って
 R1041768.jpg
 ヤスリで整えて
 R1041769.jpg
 ペーパーをかける。
 R1041770.jpg
 他の小骨も同様に作業を進めて
 R1041771.jpg
 仮組。
 
 R1041772.jpg R1041773.jpg

残りのパーツ。2週間かけてゆっくり組んでいこう。
R1041774.jpg
応募券・・・・・なんかクレルらしい。

完成まで残り93号 残払い¥147、870・・・・・
 

20090903135832.jpg
 ・・・・・・ファッションムービー一眼・・・なんとかならんか、ネーミング・・・。
そして広告デザイン・・・。 パナの広報さん、お願いします。 性能云々よりもコレで買う気が失せてきます。
 
pic_c1.jpg
 せめてこのイメージで・・・・・・

 でも、注文してしまった。 ブラックボディ。 
 納期は一週間後・・・・・。

 ホワイトよりブラックのほうがカスタマイズし易い・・・・ハズ。

 

w650_20091012220943.jpg
 ハンドル周り完成。・・・パース狂いまくり。でも細かいことは気にしない。
タイヤ・・・・・タイヤ・・・・いっちゃん面倒くさい。

 GF1とE-P1、まだ検討中。
今回の問題点は手振れ補正。 E-P1はボディ内臓。どんなレンズでも安心して撮れる。一方GF1はレンズ内手ブレ補正。
 E-P1の電子水準器も魅力。
 それと高感度でのノイズの出方・・・・・E-P1のストロボ無し仕様は高感度撮影の自信の表れか?・・・・・ネットで検索してみて、何かそんな気がしてきた。 映像素子は同じはずなので、GF1もRAW現像時の設定でどうにかなるか?
 個人的にストロボは嫌いなので、高感度撮影はかなり重要・・・・。う~ん。

w650_20091011210009.jpg
 シート完成。
XB12 GPZ900と違い、本当に先が見えない・・・・・。
 スポークとかどうしよう・・・・。

R1041753.jpg
 今日は、日差しも柔らかく気持ちのいい運動会日和。
 部屋の片付けと衣替えを済ませ、日南あたりをゆったり流してくることに。
 ヤマダ電機とキタムラで”例のカメラ”を触り倒してから出発。 ほぼ普段着に近い装いだったが、市内は風が気持ちよかった。
R1041756.jpg
途中、以前から気になっていた黒北発電所へ寄り道。
発電所の建物内には入れないが、川の音が癒しになった。R1041763.jpg
100年以上前の施設が、現役で稼動しているとは・・・・・。
R1041758.jpg
石積みの建物がレトロで、とてもよい雰囲気。きっと当時はびっくりするくらいのハイテクだったんだろう。
R1041759.jpg
 近くを流れる川も降りれるみたいだ。 上から覗くと魚獲りができそうな予感。こんどはアミを持っていこう(寒くなる前に)。
R1041762.jpg
 黒北発電所からHD宮崎へ・・・・・ここで心が折れた。

 寒い!!

 ちゃんと着こんでくればよかった。 
そのまま、鼻たらしながら帰宅。市内はポカポカしていた・・・・こんなに違うもんか・・・・。

w650_20091011005618.jpg
 エンジンは大体こんな感じかな?
ボルトやネジ穴を描き込めば感じが出てくる・・・・・ハズ。
・・・・・・・う~ん こんなんだったかな・・・・
 写真で見えない所は、かなり手を抜いているので不安・・・・・
 
 今回のW650は、ペンタブを使わずマウスオンリー・・・・・だって家にペンタブないから・・・・。
ペンタブ欲しい。 CS4も欲しい。 カメラも・・・・・。

天秤
 まだ天秤にかけている。
 優勢は僅差でGF1。 ”使い勝手”という分銅がつまれていく。

 こっちも気になる・・・・・
E-P2
 olympus-ep2-20090918.jpg
 まだ正式発表はないので、海外のリーク情報&画像だが
 内蔵EVFにストロボ等、E-P1の惜しい面が改善されているよう。
 10月中に正式発表とのことだが・・・・。
 

frontview1.jpg
 ・・・・・・いや買わないけどね。
買わないけど、M9いいな。 他のカメラとはオーラが違う。
フルサイズCCD搭載で75マソ・・・・。がんばってM8買った人は涙目だろうな・・・・。
古いライカレンズがフィルム撮影の感覚でバシバシ撮れる・・・・いいなあ。

f0110099_0314131.jpg
X1 もAPS-Cサイズ搭載で 24mm F2.8
こちらは20マソ前後か?

 ライカが本気になってきた・・・・・のかな?
今から、デジ一眼での競合は難しいと思われるので、この路線で突き進むんだろうな。 
ストイックでかっこいいけど・・・・・・生き残ってほしい。

 なんか金銭感覚が狂ってきた・・・・・。 10マソのカメラ2台で命を削って悩んでいる・・・・・あああああお金ほしい。


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2009 キツネの車輪 , All rights reserved.