FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
午後から、MR-4のタイヤを交換してもらうため”hinoサイクル 天神山通り店”へ行ってきた。
とても親切なショップで、工賃も良心的。バイクも自転車も、こういう店があると安心する。
hino.jpg
 高圧タイヤの交換は恐い。 以前は自分で交換していたのだが、リムにチューブを噛ませたまま空気を入れてしまい破裂させてしまった。破裂音とともに、チューブの粉がドリフのコントのように降り注ぐ。パニックになって暴れまわる猫・・・・タイヤの近くに顔を持ってきていたため片耳が、数時間、遠くなった・・・・・というトラウマから、ヘタレと言われようが、タイヤ交換やパンク修理はショップでしてもらう。

 昨日届いたタイヤを肩にかけて、川沿いを走る。 今日は暖かく、風もさわやか。 やっぱり自転車は気持ちいい・・・・・・・肩のタイヤさえなければ。 

 ショップに着くと、すぐに交換してくれた。  これで安心して乗れる。  帰りは、肩のタイヤもないので爽やかに風を切って走ろう・・・・・・と思っていたが。

 店長「このタイヤ、今 履いているヤツよりいいやつだから勿体無いですよ。」「ヒビはいってますけど、まだ使えますんで」
P1030905.jpg
 ということで、帰りもタイヤを持って走ることになった。 今度は肩にかけずにハンドルにひっかけて。

 スティルボよりもさらに細くなった。 段差でパンクしてしまうので、気をつけてくださいとのこと。
まあ、純正に戻ったと思えば。
 タイヤが細くなったので走りがさらに軽くなった。 
P1030903.jpg

 タイヤと一緒に届いたサドルも、思った以上に使いやすい。 サドルと車体のサスがうまい具合にショックを吸収してくれる。
 P1030899.jpg


往復10km程、写真を撮りながら乗ってみたが、結構、足にきた。 フィットネスにもよいかも。

大淀川橋梁:1915年(大正4年)から建て替えていない約400mの鉄橋。 材料や建造物としても貴重な物らしく、現役で使用されていること事体が珍しいらしい。
P1030907.jpg

 防音壁の設置義務みたいなものがあるらしいが、もちろんこの橋にそんなものはついていない。
電車が鉄を叩く音がかなり響く。
P1030909.jpg
 
 電車には何の興味もないが、この鉄橋はずっと残してほしい。
P1030911.jpg

 とりあえずMR-4復活!!

P1030921.jpg

P1030923.jpg

P1030919.jpg

P1030917.jpg

P1030925.jpg

P1030924.jpg

 塗装は、気が向いたらやろう。
後は、バーテープを革製に変えれば、よりロートルなイメージに。  少しずつ手を入れていこう。



スポンサーサイト
 お昼休み・・・・・・・・・
P1030864.jpg
ほっともっとのロースカツとじ・・・・・・卵がひどい。箸でひとすくいしか入っていない。 汁もほとんど入ってないし・・・・店舗やタイミングによって違うのか? あまりにも作りが雑だったので載せてしまった。 この前は、生のタマネギがそのまま入っていた・・・・。
 
 メニューの写真と全然違う・・・・・・。
無題

 ・・・・・と心の狭いところも見せたところで・・・・・・・

 家に帰ると、ブレーキのネームプレートが届いていた。
P1030875.jpg

 予備に2セット買ってしまった。 これでまた転んでも大丈夫!!
P1030876.jpg

 やっぱりプレートがあると、ルックスが引き締まる。
P1030877.jpg
 明日は、サドルとタイヤが来る予定。 土曜日に装着しよう。

今日の”大福”∈(´Д`)∋
エサ・・・・・・食いたい・・・・。
P1030863.jpg



 Go-GARNEAU24X1

 純正のKENDA製と同等品らしい。でも値段はKENDAの2分の1.
とりあえず、買ってみよう。
9_24x1.jpg
 チューブはまだ、大丈夫かな。

 メカメカしく近未来的? なMR-4だが、モールトンのような、どこかロートルな感じに仕上げたい。
そこで、サドルもいっしょに注文してみた。 ドロップハンドルに合うかな・・・・・。 バーテープも皮製にすれば・・・・。 
8lgs_classic.jpg

 後は、105のネームプレートと塗装だ。

 

 HD宮崎で、にく先生とハーレーに試乗することにした。
2人仲良く、似たようなバイクで。
 883とXR1200
 最新の883に乗ってみたかったので、いい機会。 にく先生はXR1200をチョイス。
DSC05174.jpg
 跨いでみると、やっぱり高いハンドルは違和感がある。 ステップ位置も落ち着かず、足先でギアを探してしまう。
 エンジン音は、2台ともおとなしめ。

 ギアを入れて走り出すと、膝がおちつかない。ニーグリップできるように設計されていないのか、足が短いのか・・・・。
 
 公道に出て、軽くアクセルを吹かしてやると、想像してたより加速してくれた。トルクで押し出すような加速だが、物足りない感じ。 まったりツーリングするなら、楽しいかな。
 コーナーも、全然いける。 ポジション変えれば楽しいかも。

 途中、にく先生とマシンを交換。
 XR1200・・・・・。
 DSC05141.jpg
 アクセルをあおってやると、エンジンが軽く回ってくれる。 あ・・・コレ楽しいかも。
 DSC05143.jpg
 にく先生に写真を撮ってもらいながら、発進。

 う~ん、思ってたよりも加速してくれない。 ちょっと身を伏せて引っ張ってみたけど、BUELLのようなトルク感は味わえなかった。 重量の問題か、エンジンの味付けか・・・・・。 ちょっと残念。
 DSC05144.jpg

ブレーキはよく効くし、コーナーも安心してつっこめる。
DSC05145.jpg
 
 コレはコレでありかもしれないが、買うかと言われたら・・・・・・・。
スロットルをひねった時の、トルクで蹴りだされるような加速を味わいたい人は向かないかもしれない。
 DSC05156.jpg

 で、、、、、問題は停まってから。 サイドスタンドが出ないの・・・・というか、あと数センチのところで足が届かないの・・・・・。 黒いバイク並べて2人でサイドスタンドガチャガチャやってる姿は・・・・・・・あああああ・・かっこ悪い。

 でも、フルフェイスで乗れるハーレーっていいかも。

 楽しいプチツーだった。 また今度は、王様シートみたいなデッカイのに乗ってみたい。
 
 帰りのビューエルがとても楽しかった。
 自分はまだまだビューエルかな。
 
 グラフィックを変えた。 悪い女狐ゲイシャ。
CIMG3193-1.jpg

SHIMANO ST-5510
③番のネームプレートが手に入らない。
シマノのスモールパーツセンターも欠品。
自作するしかないか・・・・・?
st5510.gif
24X1.0のタイヤも・・・・・。
よーく見たら、真ん中が前後輪共にひび割れていた。 ほぼ新品のタイヤだったが、交換後に長年放置したせいだろう・・・・。もったいない。SCHWALBE STELVIO 24*7/8はどこも欠品・・・・。

 困った。困った。
 
 先日、少し乗ってみて、バイクとは違うスピード感と爽快感を味わった。
なんとか完全復活させたい(お金かけずに)

P1030848-1.jpg

零戦をつくる20
零戦の全て零戦最後のエンジン「金星」六二型
三菱が開発した傑作エンジン「金星」六二型は、零戦五四(六四)型への搭載が計画されたが、量産されることなく終戦を迎えた。
.零戦の戦歴アメリカ軍の上陸(ガダルカナル島攻防戦1)
飛行場を占領された日本軍は航空隊による反撃を開始。坂井三郎一飛曹は負傷しながらも難局を乗り越え、生還を果たした。
.世界の軍用機グラマンF6Fヘルキャット(アメリカ)
2,000馬力級のエンジンを装備した、太平洋戦争後半におけるアメリカの主力艦戦。零戦は、その出力の違いから苦戦を強いられた。
.ステップ・バイ・ステップ防火壁を組み立てる
右翼に小骨を2つ加え、エンジンに電極管を付ける。また、エンジンの後ろ側、胴体部分の防火壁を作る。

零戦をつくる21
零戦の全て抜群の威力を発揮した九九式一号20粍機銃
  零戦の九九式20mm機銃は、命中すれば敵機を空中分解させるほどの威力があった。同機銃は、山本五十六中将の尽力により導入された。
.零戦の戦歴第2次ソロモン海戦(ガダルカナル島攻防戦2)
  飛行場を奪回するため陸軍部隊を派兵した日本軍とアメリカ軍が激突。日米空母部隊の戦いが幕を開けた。
.世界の軍用機ハインケルHe51(ドイツ)
  再軍備宣言を見越して開発が進められたハインケルHe51は、複葉機ながら高い性能を発揮し、ドイツ空軍の初代主力戦闘機となった。
.ステップ・バイ・ステップ胴体フレームを組み立てる
  胴体フレームを作り、5番隔壁と防火壁を組み合わせる。また、エンジンにコンロッド棒とヘッドカバーを取り付ける。




 20号・21号が届いてしまった。 前号、前々号、手をつけていない・・・・。

 今回は、要目標スタンドが届いた。 応募券を捨ててしまったので、もらえないかな?と思っていたが、定期購読者には無条件にいただけるらしい。
 P1030849-1.jpg
 このプレートを見て、士気を高めろという事か。 がんばろう。

 
 平行し、MR-4型機の補修も進めねば。
 P1030858-1.jpg
 フレームの塗装とデザイン

 P1030860-1.jpg
 すっ転んだときに、どっかに飛んでった、ネームプレートの確保。

 タイヤのひび割れ・・・・その他もろもろ。 
 
 先日少し乗ってみて、サイクルコンピュータとしてASG-1が、十分役に立つことがわかった。
P1030859-1.jpg
 ハンドルとステムも交換したいが・・・・・。

 にく肉先生と、ストレス解消ツーリングに出かけた。
ASG-1のログもバッチリ。ロガーとしても十分使える。
名称未設定 1のコピー

 道の駅フェニックス
CIMG3186.jpg
 暖かくなってきたのでバイクも人も多かった。空には未確認飛行物体・・・・・。

 背中にエンジン背負って空の散歩。 買い物とか出勤に使えないかな?
CIMG3190-1.jpg

 ひと時、まったりしてから出発

 今日のツーリングの目的は、EX-F1の流し撮りモードを試すこと。
途中、道の駅田野で肉先生+ニンジャを撮る。
 流し撮りじゃないけど、まずは連射で
 名称未設定 2のコピー
 外だと、シャッター音が聞こえづらく、いつ撮れたかわからなかった。 う~ん いまいち。
 CIMG3204.jpg
 写真も撮ったのでHD宮崎へ直行。
 
 ・・・・・・我々はハーレーには乗ってはダメ人間でした。  つづく

 ASG-1が届いた・・・・・・。
ほしいほしい病に負けた・・・・あっという間に。
P1030853.jpg
 充電してから、使えるようになるのは、明日かな。

 想像していたより大きかった。作りは、写真で見るよりしっかりした印象。多少の雨にも耐えてくれそうだ。
 P1030854.jpg

 自転車用の取り付けマウント。
 マウントだけバイク用にもう1セット買おうかな。
 P1030855.jpg

 MR-4に装着するとこんな感じ。センサーや設定がいらないのでとても楽。
もちろんケイデンス機能はない。
 P1030856.jpg
 後は、シマノ105用のネームプレートとボディの塗装・デザインでMR-4復活か?

 さっそく明日、自転車で出かけて見よう・・・・・と思ったが、また風邪をひいた。

 詳しいレビューはまた後日・・・・

 ヘックション!!

 ユピテル GPSレシーバー ASG-1

 部屋のアクセサリと化している MR-4の復活に向けて、サイクルコンピュータを探していたら見つけてしまった。

・・・・・・・・・そう見つけてしまった。
 
ほしいほしい病が・・・。

asg-1_02.jpg

 速度計としてはもちろん、高度計、簡易ナビ その他、楽しそうな機能が満載。
パソコンにつないで、移動ルートを地図上で確認したり、移動中の速度や高度も地図に表示してくれるらしい。
 徒歩・自転車・バイク・・・・・・電車や飛行機でも使えるらしい。
 ・・・・・・・楽しそう。

 

 空母赤城ですと!?
akg_top1.jpg

1/250・・・・・。 ディアゴスティーニは空母と零戦で何をやる気だ!?
akg_top2.jpg

 零戦の次は空母!? とささやかれていたが、まさか本当に赤城がくるとは・・・・・
恐るべしディアゴ。 
akg_s2_img5.jpg
 手を出すかというと・・・・・無理 無理。・・・・・・・でもひょっとしたら・・・。

 ディアゴスティーニは漢のロマン


 GF1のLVEには、取り付けのロック機能がない。 持ち歩いていたら、いつの間にかカメラからLVFが落ちていたという話もチラホラ耳にする。
 リコーのビューファインダーもロックができなかった(GX100)。
 無理な力がかかってカメラを壊してしまう前に、外れてしまえ・・・・・というメーカーの考えかもしれないが、LVF自体も結構な値段がするために、紛失は避けたい。
 
 そこで、もしカメラから外れて落ちてもいいようにストラップを取り付けることにした。

 LVFの分解は比較的簡単。3つのネジを外すだけでアイピースとカバーが外れる。 後は、適当な箇所にストラップをもぐりこませて組み立て。

 悪くない。
 P1030807.jpg

 使い勝手も、操作系を邪魔することもなく、ストロボとの干渉もない。
これでビクビクしながらカメラを持ち歩かなくて済む。
P1030802-1.jpg

 朝からポカポカ陽気。 昨夜の宣言通りバイクに跨る。
とりあえず、あてもなく南を目指して見る。
 方向音痴が、無計画に走り出すとろくなことがないのだが、時間はたっぷりあるし寄り道しながらのんびり走る。
 
 川を見つけるとすぐに降りてしまう。春になったら魚獲りに行かねば。
P1030795.jpg

 気温のせいか、やけにバイクが多かった。 片手を挙げて挨拶を交わすライダー達。 気づいたのだが、最近のモデルに跨るライダーはほとんど見かけなかった。 昔からのバイクを大事に乗っているのか、こだわりか・・・・10年・20年後 まだコイツに乗ってるかな? 

 とりあえず、道をみつけてはブラブラ。
P1030789.jpg
 んな道いけるか? 的な道にもはいってみた。 落ち葉にタイヤをとられる・・・・・。 急に暗くなり気温も下がってきた。日が当たらない道は、何か気味悪い。
P1030790.jpg
 後ろから河童か何かが追っかけてきそう・・・・・。 ココでエンジン止まったら絶対泣くだろう。 PHSも圏外・・・・・・道を抜けるまで一台もすれ違わなかった。

 道が開けると日が入り、気温も上がってくる。遠くの山に日が落ちて、とてもきれい。
P1030794.jpg

苔むした岩を触って見たり、小川に降りて見たり、癒しのプチツーだった。
BUELLは、ゆっくり走っても気持ちいい。
 P1030792.jpg

 道の駅田野で、またみかんを買ってきた。
 P1030796.jpg
 今日撮った写真を見ながらいただこう。
 ・・・・・・・・無事帰れてよかった。

今日の”大福”∈(´Д`)∋
今日もカメラ目線!! 
P1030766.jpg

 

 三八式歩兵銃
日本軍の代名詞と言えば”零戦”と、この”サンパチ式”
 部屋にずっと飾っておいた物だが、久しぶりに手入れをしてみた。
持ってみると・・・・・・重い。長い。 よくまあこんなものかついで行軍できたものだと、感心する。
 構えてみると、銃身の重みで手が震えてくる。何十キロも行軍して、ろくに食い物もなくフラフラの状態でコイツで戦闘・・・・・。この銃にいろんな思いが詰まってるんだろうなあ。
P1030786.jpg

P1030787.jpg

銃尻の深い傷。 鉄製のプレートがはめ込まれているが、上部が欠けている。右側には鋭利なもので掘り込まれた傷。
どのような状況でこの傷が出来たのか、興味深い。 
映画等での名セリフ「三八式小銃殿、申訳有りませんでした!!」にあるとおり、丁寧に扱われたはずだが・・・・。
やむを得ない状況下で出来たものか、接収された後で出来たものか・・・・・少なくとも、この銃が人の命を奪っていないことを祈るのみ。
P1030779.jpg

銃身は非常に細い。口径は6.5mm。 小口径+長銃身+重量で命中率はよかったらしい。
P1030780.jpg

銃剣取り付け部。ナンバーが刻まれている。少し欠けている所をみると、実際に着剣して使用したのだろう。
P1030783.jpg

引き金。 前部にあるギザギザのついたレバーを押すと、板バネのついた弾装受けが外れる
P1030781.jpg

 中はこのような感じ。 発砲できないように機関部は溶接されているが、ファイアリングピンが確認できる。
装弾数は5発。
P1030785.jpg

頑丈なボルト
P1030778.jpg

照準機。
P1030776.jpg

長距離を狙う場合は、このように立てて使用する。
P1030775.jpg

接収された三八式は菊の御紋を削られてしまうのだが、幸いこの銃は菊紋が残っていた。
P1030774.jpg
 銃に刻み込まれた傷のひとつひとつが戦場での出来事を物語っている。 これを手にした日本兵は、どうなったのか・・・・。 無事であってほしい。

 *この銃は無可動実銃です。機関部の溶接及び銃身を塞ぎ発砲が出来ないように処理された合法品です。

 暖かくなってきた、明日は走りに行こう。
P1030788.jpg

4年ぶりに雪が積もった・・・・・・若干。
P1030725-1.jpg

 明日も冷え込むらしい。また雪降るかな!? 
 わくわくヽ(゚◇゚ )ノヽ( ゚◇゚)ノ


 名称未設定 1のコピー
 ・・・・・・・・・・・・宮崎だけ仲間はずれ
         ( ̄□ ̄;)!!。

 

 月曜日、バイクで寄った”道の駅田野”で買った”ハウスはるみ”みかん。¥1050
ジューシーでうまい。 あっという間に食ってしまった。
P1030714-1.jpg

 零戦をつくる。
作業が停滞気味だが、20mm機銃の塗装を落としてガンブルーで染め直した。
P1030662-1.jpg P1030669-1_20100112163855.jpg
P1030670-1.jpg P1030671-1.jpg
戦記物や映画等では大活躍の20mm機銃だが、大空のサムライ”坂井三郎海軍中尉”によると、零戦の20mm機銃はまったくの役立たずらしい。装弾数の少なさ、弾の初速不足・・・当時のパイロットには信頼性はゼロだったとの事・・・・。当時の大艦巨砲主義・一撃必中を推し進めた中央部・・・・・・・・現場をしらない上部ほど厄介なものはない。

USBメモリが壊れた。 中の端子は無事ぽいのでUSBケーブルに移植して”ちぎれたUSBケーブル”を作ってみることにした。

でっきるっかな? サテサテホホー

いらないUSBケーブルを拾ってきて先端をカッターでパックリ。 
中の金具と端子を取り出す。金具の先端以外は、使わないので捨てる。
金具の先端にUSBメモリの中身をはめ込み接着!! 奇跡?のサイズピッタリ!!
P1030686のコピー

 一応、念のためにホットガンで隙間を補強して
P1030687.jpg

 完成!!2GB USBメモリ!!!  ・・・・・あ~アフォらしい。
USBメモリも別の形で復活できてメデタシ メデタシ
P1030689.jpg


今日の”大福”∈(´Д`)∋
イチゴ大福・・・・・兄弟。
P1030682-1.jpg

先ほど、零戦をつくる18&19が届いたので、これまで溜め込んでいた作業を片付けることに。
P1030652.jpg

左翼、最後の小骨。端に行くほど小さくなってくる。
P1030639.jpg

 よって、パイプも段々短くなる。
P1030640.jpg
 こんなチマチマしたパイプを0.5mm単位で切って先っぽ潰して、削って・・・・・

 接着していく・・・・・・苦行
 P1030641.jpg 
 正月休み最終日に何やってんだろう・・・・。

 小骨の取り付け完了!!(片側)
 P1030642.jpg
 
 次は、翼先端部分の制作。
 零戦21型の特徴的な折りたたみ翼を作る。
 まずは、ピンバイス0.7mmで部品に穴を空ける。
 P1030643.jpg

 そして

 出ました!! マイクロネジ!!!!
P1030644.jpg
 ああああああああ、イライライライラする~

出来上がった部品を接着。
P1030645.jpg

大きな部品の加工は落ち着く。 
P1030648.jpg
 
部品を曲げたり切ったりと、ややこしい作業はあったが、結構すんなり完成
 P1030650.jpg

 こんげら感じやろか?
P1030651.jpg

 頭の”ボーっ”とした感じが抜けない。 病み上がりのいやーな感じ。
ここはひとつ喝を入れないといけないと、バイクに乗ることに。
P1030631-1.jpg
久しぶりにエンジンに火を入れたが、問題なく始動。 
やっぱりツインの鼓動は気持ちいい。 
明日から仕事のため、熱がぶり返さないように近場を走ってきた。
P1030636-1.jpg
 今年は、どこまで行こうかな。
 P1030633.jpg
 今年のカスタム予定・・・・・・・・・
 ビキニカウル・バックステップ NOS用にサブコン・・・・くらいかな?
 マフラーは、今のところノーマルが最強と思うのでこのままで。
 
 熱出すといけないのでモッコモコです。
P1030638-2.jpg

あけましておめでとうございます。
年男のキツネでございます(歳がバレまする)
本年もよろしくお願いいたします。
P1030597.jpg
初登場 実家の文鳥 クロちゃん

 年末から原因不明?の熱を出し、ほぼ寝たきりの正月をむかえ、未だに頭がグルグル回っている状態。
先ほど実家から帰ってきたので・・・・・

 今年の零戦初め いってみよー!!

前回、プッシュロッドの取り付けで順番を間違ったようで、どうにもこうにも取説通りの組み立てが出来ない・・・。
P1030617.jpg
 まあ、用はエンジンリングの取り付け穴にヘッドカバーの突起が来るように取り付ければいいわけで、エンジンリングの穴に合わせて適当に組んで見た。

 ヘッドカバーをちょっと曲げてあげればピッタリ。
P1030618.jpg
 とりあえず結果オーライで。


 次は排気管の取り付け。
 P1030619.jpg
 うまい具合に焼け色を表現したいので、真鍮ブラシで丁寧に磨いていく。
 
 ペーパーでバリを消して、ブルーイング。 
 P1030621.jpg


 う~ん こんなもんかな?
 P1030622.jpg

 排気管がついて、やっとエンジンぽくなってきた。
 ・・・・・・あんなに苦労したプッシュロッド、ほとんど見えねえじゃん・・・。
P1030625.jpg

 前部コンロッドケースに径1mmの穴を14箇所、ピンバイスで開けて
P1030626.jpg

 エンジンに接着。
 P1030627.jpg

 プロペラをのせてみた。 こんな感じになるのかな?
 P1030628.jpg
 病み上がりのボーっとした頭のおかげで集中して作業ができた。
 
 今日の”大福”∈(´Д`)∋
P1030616.jpg
 留守中は1人で留守番してますた。今年もよろしく!!


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 キツネの車輪 , All rights reserved.