FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 零戦の下には、栄ニ一型エンジンが展示してある。
残念ながら、今製作中の一ニ型ではないが、大きさや細かいパーツのチェックには十分役に立った。
P1050892.jpg

 栄ニ一型エンジン全景。コレバイクに積んだら・・・・・・。
P1050893.jpg

 ヘッドカバーはシルバー。コレを見るとディアゴスティーニのパーツは、よく再現されていると思う。
 P1050883.jpg

 先日組み立てた電極菅。ナルホドこういう事なのね。
P1050884.jpg

 この辺の細かいパーツはどこまで再現されるだろう・・・・。
P1050886.jpg

 制作意欲が一気に高まった。 たまっている作業を進めないと。
P1050567_20100331194151.jpg

 史料館2Fは、主に旧日本軍関係の史料が中心。 遺品や遺書、模型等1日いても飽きないだろう。

 1Fは、航空自衛隊コーナー。 
 ハープーンミサイルや哨戒機・ヘリコプターのコックピットがそのまま展示してあり、自由に見学できる。
P1050926.jpg
 ヘリの内部。もちろん本物。 出来ればお世話になりたくない・・・・・・。

 対潜哨戒機のコックピット
 P1050918.jpg
 もうはしゃぎまくり。
 計器板やレバーがビッシリ・・・・・。

 もっとゆっくり見たいけど、今度の楽しみにとっておいて、外に出る。

 ニ式大艇!! 敵将がべた褒めした飛びぬけた性能を持った大型飛行艇。
テレビや本で見ることはあっても、まさか実物にお目にかかれるとは・・・・・。
 P1050934.jpg

 コックピットの窓から、その巨大さがわかる。
P1050935.jpg

 来てよかった。本当によかった。
P1050933.jpg

 大きい飛行機だが、とても美しいと思った。 なんかちょっと涙がでてきた。決して桜島の灰のせいではない・・・・。
P1050939.jpg

 平日のためか、ほとんど貸切状態。 存分に楽しめたが、絶対にまた行こう。
 売店でお土産を買って史料館を後にする。

 次回へ続く。



スポンサーサイト



 いよいよ資料館内部へ。
自衛隊施設内ということで、制服を着たえらそうな人やセーラー服来た人がウロウロしている。
一般人は何かアウェーな雰囲気。 かなり緊張しながら中へ入る。
 資料館内部は撮影禁止。 
 入って右手に受付が・・・・・・。 ヤバイ。入場料とか調べてなかった・・・・・。と思ったら、「こちらにご記入だけお願いします」と名前・住所の記入だけで、すんなり中に入れた。

 順路は2Fから・・・・・そこに奴はいた。
P1050851.jpg
 零戦52型!! 

 写真も、この零戦だけはOKらしい
P1050853.jpg
 この配慮は、とても嬉しい。
 
 21型ならよかったけど、これでも十分ディアゴの参考になる。
 細かいところをチェックしまくる。
 P1050854.jpg
 主脚・・・・・・家に帰ると、ディアゴスティーニから、このパーツが届いていた。

 こんなところが布張りになってんのか。21型もいっしょかな?
P1050877.jpg

 海軍機の証、着艦フック。こうやってみると、何か頼りない。
P1050878.jpg

 主翼のフラップ
P1050859.jpg

 尾翼。少し触って見たが、ペラペラの外装。 展示してあるゼロ戦の破片もこんなもんなので、一発食らったらひとたまりもなかっただろう。 
P1050876.jpg

 展示機はもちろん踏んではダメです。
P1050871.jpg

 階段が・・・・・・。 どこに続いているかというと・・・・・
P1050901.jpg

 コックピット!!!!
P1050908.jpg

もう、これだけでも来てよかったあああああ。
 P1050911.jpg
 でも、こうやって見ると本当に狭い。 

 機体の下には栄エンジンが展示してある!!
P1050914.jpg

 次回、エンジン編に続く

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク
 午前8時出発。 先導のナビ&にく先生についていくだけの楽チンツーリング。
 所々、桜が満開でとてもキレイだった。テンションも回転数も上がっていく。
P1050761-1.jpg

 今回は、ETC未搭載の私に合わせた全工程下道の貧乏ツーリング。
 頼りは先導のニンジャのみ・・・・・・ついていけば何とかなるハズ・・・・・・・

 なんとかなった。

 かなりいいペースで鹿屋航空基地に到着
 いきなり、二式大艇が出迎える。・・・・・・・デカイ。
P1050768-1.jpg
 はやる気持ちを抑えて、二式大艇はあとでゆっくり見ることに。

 駐車場のすぐ横には航空機がいっぱい。
P1050779-1.jpg
 飛行機とのツーショットなんて中々撮れないので、2人で興奮気味にシャッターを切る。

 航空機によっては、触れる位置に展示してあるものもある。鹿屋基地、太っ腹。 
 飛行機好きな人は知覧よりも楽しめそう。
 P1050816-1.jpg

 着いた時点で100枚以上写真を撮っていた。
 以下、適当にサムネイルで。(クリックするとちょっとだけ大きくなります) 
P1050787-1.jpg P1050785-1.jpg P1050782-1.jpg P1050795-1.jpg

 細かい所もじっくり見学できる。
P1050834-1.jpg
 このプレート欲しい。。。
P1050836-1.jpg

 右奥に見えるのが資料館。 中にはまだ入らない。
 P1050801-1.jpg

 航空機以外にも色々展示してあって、実際に触れたりもする。
 P1050823-1.jpg

 こんなこともできる
 P1050830-1.jpg
 ”魚雷と添い寝するにく先生の図”
 うらやましい、魚雷と添い寝なんてなかなか出来ない!!
 
飛行機を存分に味わってはしゃいだ所でいよいよ資料館の中へ!!
P1050903-1_20100330124807.jpg
 
 つかれたので次回へ続く。


 

 にく先生と鹿児島ツーリングに行ってきた。
鹿児島
 本当は、一人でプラーっと地図を見ながら出かけるつもりだったが、にく先生がナビで先導してくれるということで、お言葉に甘えてしまった。
 
 当初の予定は日曜・・・・・・でも雨。
 で、春休みの翌日月曜に延期。
 
 天気は快晴!!  
 P1050764.jpg
 ・・・・・・・一人で行ってたら、今日中に帰りつかなかったかも。


 今日は疲れたので、詳細はまた次回。


ぬか漬けパックをやってみた。
P1050607.jpg
 まず、ぬか床を作る・・・・・・といっても水を入れて混ぜるだけ。

 開けたばかりの中身はこんな感じ。
P1050608.jpg
 
こいつに水を適量注ぐ
P1050610.jpg

で、ぐちゃぐちゃ混ぜくる。
P1050611.jpg

 とりあえず、冷蔵庫にあったコイツらで実験してみることに。
P1050612.jpg

 野菜を水洗いして、塩を塗ってぬかに埋める。
P1050613.jpg

 後は、ふたをして24時間待つだけ・・・・・・・本当にコレでいいのか?
P1050614.jpg


 24時間後、食して見た・・・・・・・・・

んマーヽ('∀`)ノ 

 市販のぬか漬けよりウマイ!! 多分自分で漬けたから?

 今、ハマってます。

 午前中、少しだけバイクに乗ってきた。
山桜は、もう満開かな。
P1050637.jpg
 
 清武 田野 日南 と、いつものコースを走ってきたが、やはりバイクが多くなってきた。
 
黒北発電所の桜は、もう散り始めていた。
P1050629.jpg

 ヘルメットを脱いでエンジンを止めると、ウグイスの鳴き声が聞こえる。
 P1050638.jpg

 HD宮崎の桜も満開。
 遠くの山々も澄み切って、きれいに見えた。
 P1050639.jpg
 来週はどこか遠くへ行こう。

 帰りにショップに寄って、ずっと預かってもらっていたプレッシャーゲージを受け取ってきた。
 P1050641.jpg
 ボトルにメーターがつくと、なんとなく危険な感じ

 日曜、今日はバイクで実家に帰る予定だったが朝、目を覚ますと・・・・・
P1050616.jpg
 何も見えない・・・・・・・。 しかも台風のような大荒れ。
 しばし、何が起きたのか理解できずTVをつけると ”全国的に黄砂の影響がどーのこーの” 

 はあ・・・・・・黄砂ですか。

 ベランダで様子を見るが、ヘタレライダーなので今日は車で帰ることにした。

 混んでる・・・・・・。 
 P1050624.jpg
 4輪はまどろっこしい・・・・・・。 
 音楽聴きながら、エアコン効かしてポテチ食べながら運転できる、バイクにはない快適性だが・・・・・2時間、つまらん。

 実家の倉庫で肥やしになっている、CM125T。
 P1050618.jpg
 親父が始動を試みているが、エンジンがかからないらしい。
 P1050619.jpg
 キャブが、もう腐ってるような気がするのだが・・・・・・。
 もし動いたら、取り上げよう。


 通勤途中、足に違和感を覚え、靴底を見ると・・・・・・
P1050588.jpg
 ソールに穴が空いていた。
 徒歩で通勤するようになり、随分歩いたが、靴底が抜けるまで履いたのは初めてかも・・・・・。
 
 リーガル宮崎にて修理見積もり”¥1,8000” 納期1ヶ月。

 また出費が・・・・・・。


 

 28号 29号が届いてしまった・・・・・。
 とりあえず、25号から手を付けていくことに。
P1050570.jpg
 今号は小骨2枚。
P1050571.jpg
 
 燃料タンクがついてきた。翼内に格納するのだろう。簡単にヤスリをかけて形を整える。
P1050572.jpg

 今号の目玉? 潤滑油排油菅の取り付け。 細いリード線を10.5mmの長さに切って固定していく。
 P1050575.jpg

今日の”大福”∈(´Д`)∋
 エラが短くなってきた・・・・・・エアが濃すぎたのか・・・。 
エア量を絞って様子をみる。
 P1050583.jpg


昨日購入したバイザーの使い勝手を試しに、少し走りにいってきた。
P1050569.jpg
 暖かくなってきたので、バイクが多くなってきた。

 空港に寄って久しぶりに”石焼ビビンバ”を食べる。
 P1050578.jpg
 空港レストランの石焼ビビンバは、個人的にヒット商品。 
P1050577.jpg
 お土産屋さんで、素敵な人形をGET。
マンゴーの妖精らしい・・・・・。
 P1050579.jpg
 自宅ベランダに置いてみた・・・・・・・なかなかシュールな光景・・・・。 明日、職場に持っていこう。
P1050581.jpg

 零戦をつくる24号(2月23日発行)
今日、やっと手をつけた。
P1050557.jpg
 久しぶりの作業だが、何度も繰り返してきた作業のため、サクサク進める。
 まずは、小骨の仮組から。 
P1050559.jpg
 次に大骨の取り付け。1mm径の穴をピンバイスで6箇所あける。
P1050560.jpg
 そしてマイクロネジで固定。
P1050562.jpg
 マイクロネジにも慣れてきた。 
 
 初めて見るパーツ・・・・・・。胴体フレームの側面パーツらしい。
ヤスリで形を整えて
P1050563.jpg
 2枚重ねて張り合わせる。
P1050564.jpg
 同じものをもう一つ作って、胴体に取り付け
P1050565.jpg
 そして、胴体フレームに底面フレームを接着。
P1050566.jpg
 胴体が少しずつ形になってきた。 ・・・・・まだ先は長い。
 
 最後に、エンジンにヘッドカバーとプッシュロッドを取り付けて、24号の作業終了。
P1050567.jpg
 封を切っていない25号 26号 27号・・・・来週には28号 29号が来てしまう・・・・・。まあ少しずつ作っていこう。
 
 





 久しぶりのバイク通勤。 朝でもグローブがいらないくらい暖かい。
帰りに南海部品でヘルメットのバイザーを買ってきた。
P1050556_20100313165956.jpg
 レッドとクリアーのグラデーション。 車体カラーと合ってる。
 チョイ乗りや通勤くらいには、フルフェイスよりもこっちのほうが軽くて扱いやすい。
 
 仕事が終わって、1時間ほど乗ってみたが視界が広くて乗りやすかった。 

 今日も雨。 
 エンジンのかかりが悪くなってきたので、バッテリを外して充電することにした。
ついでに、ダミータンクの細かい傷も磨こう。
P1050495.jpg

 プロテクターもだいぶ痛んでいたので、今回でお役御免に。 
 P1050494.jpg
 トランスルーセントのパーツは傷が入りやすい。 とりあえず、今回はプレクサスで磨くだけにしておいた。
もう少し傷が増えたら、コンパウンドで磨きこもう。

 そういえば、購入してから初めてバッテリを外してみた。 かなり固めのゴムで、ガッシリ固定されているので、女性はつらいかもしれない。 

 暖かくなってきたら、遠くに行こう。 

 今日は休み。 肉先生に頼まれていたシェブロンを取りに県北まで行くことにした。
 いつ降りだすかわからない空模様のため、久しぶりにタウンボックスに乗ってみた。
 1ヶ月近くほっといたにも関わらず、エンジン一発始動。 BUELLは一週間でもヤバイのに・・・・・。
 
 途中、降りれそうな川原を発見。 ちょっと遊んでいこうかな。
P1050489.jpg
 車をとめて、しばし探索。魚影は見えないがウグイスの鳴き声や水の音に癒される。
 石を投げ入れたり、足をパチャパチャやっているうちに釣りがしたくなった。

 車につめっぱなしのフライロッド。 数年ぶりにフライをふってみる。
 バイトはなかったが、久しぶりにフライフィッシングが出来た。 そろそろシーズン。また始めようかな・・・。
 P1050491.jpg
 一人っきりでボーっとできた。
 気づいたら1時間近く経っていた。
P1050493.jpg
 さあ、遊んだし家に帰って寝よう・・・・・・・。

 肉せんせい、すみません。 シェブロン来週とってきます。 川原で遊びつかれたので引き返してしまいました。


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 キツネの車輪 , All rights reserved.