FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
朝夕の日陰が涼しくなってきた。
でも、まだまだ秋は遠い感じです。
DSCF3269.jpg
最近、ラジコンヘリばかりなので、たまには自転車の画像を。

でまた、ラジコンヘリネタです。
バナナヘリの、Twingoo。
いよいよ塗装開始です。
DSCF3255.jpg
サーフェーサーを吹いて。

ライトグレーにシャドーを吹いて磨いて終了。。
DSCF3263.jpg
仕上げに、オレンジ、イエローを......と思ったら、エアブラシのレギュレーターが故障。水抜きができなくなったのでコレで完成にしましょう。

フレームとローターを組み込んで
DSCF3265.jpg
とりあえず、塗装は終わりです。

この状態よりいいでしょう。
DSCF3247.jpg

あとは注文中のデカールを待つのみ。



スポンサーサイト



Nine Eagles "Twingoo"
タンデムローター機登場。
DSCF3240.jpg

ぱっと見、なかなかのルックスです。
DSCF3241.jpg
遠めで見れば、”チヌーク”

でも裏から覗くと、いや~んな感じ。
DSCF3242.jpg
軽量化とメンテナンスで仕方ないのでしょう。

ただ、このカラーリングはいただけません。
DSCF3243.jpg
塗装、結構適当だし・・・・。
文字ロゴはシールだし。

ということで、キャビンは塗装ベースとしてシールを全部剥ぎました。
DSCF3247.jpg
バナナ度が80%上がりましたが、塗装しちゃうのでよしとしましょう。

大きさはSOLO MAXXの2倍くらい。 重量もあるので飛行性能はどうかなと心配したのですが。
DSCF3245.jpg

いざ飛ばしてみると、超安定。 
機動性は他の機体と比べると、かなりモッサリしていますが、ホバリングについては空中でピタリと止まってくれるウルトラ信頼性。モーター4つ搭載で離陸もスムーズですね。

挙動もおもしろいので、4号機として加わることになりました。
DSCF3248.jpg

カラーリングをどうしようかな。


ナインイーグルス NE303002240101 2.4GHz 送信機。
これ1つあれば同社の機体のほとんどにバインドできてしまう。
値段も中古で探せば1000円以内で買えてしまうし、見た目もチャチくさいけど、実はとってもすぐれものなんです。コレが。
DSCF3228.jpg
ただ、ちょっと難点がありまして。
右スティック上下でエンジンコントロール 左右でエルロン操作(機体を傾けて横滑り)を行なうのですが、私のような初心者パイロットではこのプロポでエルロン操作は無理とです。 エルロン入れようとすると、エンコンも同時に入れてしまい、失速or天井まで上昇とコントロール不能に陥ってしまうのです。

せっかく4チャンネルのラジコンヘリなのでエルロンも使ってみたいなと思いまして

そこで、プロポをグレードアップしてみようと
DSCF3229.jpg
NE11020000を入手。

とりあえず、バインドせずにスティックの感触を確認。

右スティックはかすかなクリック感とテンションがあるので、これならエンコンの誤動作はないかな。
金属のスティックはちょっと痛いけど、操作しやすそう。

裏側、フライトシミュレーターにつなげられるらしきコネクタもついている。
DSCF3230.jpg

付属の丸っこいプロポにくらべて大柄だが、そこまで重くはない。
DSCF3233.jpg

これはよいものを手に入れましたよ。私は。

では、いよいよ手持ちの機体とバインド・・・・・・
バインド・・・・
バインド・・

できないよ。

何度ためしても、うちの3機のヘリは無視。

・・・・対応していない・・・ハズはない。

その後1時間程格闘するも、無反応。

あきらめてショップにメールで泣きつく。

後日ショップから「店頭在庫をチェックしたら、すべて同じ症状でバインドできないようです。 今回のロットだけすべて不良品のようで、回収いたします」「ごめんね」(本当はもっと丁寧に)

えええええええ!? 

ということで、もう少し丸型プロポで練習することになりました。
NE11020000は枕元に置いて寝ます(明日返送予定) 

トイザラスで、うちの子が”東京マルイ カメラコプター”を猛烈にほしがっていた。
IMG_20110821_112626.jpg
そうか、そうか。そんなに欲しいのか。 

”AR DRONE”も強烈にほしがっていた。
IMG_20110821_115537.jpg

いつか父が買ってあげよう。

屋内用ヘリにハマリ約1ヶ月
DSCF3168.jpg
安心してホバリングが出来るようになってきた。

腕時計と比べてもこんなに小さい機体だが
DSCF3200.jpg

調整ができていないと、まともに飛んでくれない。
DSCF3196.jpg
機体の主な調整は、サーボから伸びるリンケージの長さを調節して、エレベーターとエルロンを適正角に持ってくる。 地味だが結構楽しい。

プロポでトリムの微調整も可能。
DSCF3197.jpg

飛行と調節・修理、キャビンのドレスアップ。どれも楽しくなってきた。

お盆休み。
″水木しげるとゲゲゲの妖怪たち展″
DSCF3087.jpg

オバケをみても怖がらないうちに妖怪英才教育を。
DSCF3109.jpg
妖怪博士として父の意思をついでもらおう。

実家に帰省して
IMG_8994.jpg

ほぼ昼寝をして過ごす。

やってみたかったこと1
ラジコンヘリを屋外で思いっきり飛ばす。
結果 微風でも木の葉ように風に巻かれる。。。。。。。

やってみたかったこと2
ラジコンヘリを猫にけしかける。
結果 猫敗走。
DSCF3187.jpg
物陰に隠れて出てこなくなった。



整備状況
img_334433_11807246_0.jpg

BRAVO3 同軸反転機
    初日に墜落により垂直・水平尾翼破損。 テールにヒビ
    ●テールのヒビは接着剤&テープで修理 尾翼は必要ないのでそのままに
先日キャビンを丸ごと交換

    テールローター紛失
    ●飾りなので放置
     キャビン交換に伴い復活
     
    LEDライトのブルー点滅灯が接触不良
    ●部品交換

    キャビンのネジを紛失
    ●古い携帯のネジが奇跡のフィット。その後SOLO MAXXの予備ネジに交換

    墜落でインナーシャフトのピンが2本折れる
    ●部品交換



BRAVO SX シングルローター機
     メインフレームにネジを斜めに入れてしまう
     ●部品交換
     
     金魚鉢に墜落、受信機のサーボ用モーター破損
     ●部品交換

     リンケージ破損
     ●部品交換

     飛行中に突然失速&電源OFF(断線)
     ●水没した基盤から配線を移植

SOLO MAXX  シングルローター機
      テールローター破損
     ●部品交換

 エンジンヘリとかだったら、破産するくらい金かかるんだろうな・・・・・


     
    

BRAVO3のキャビン
DSCF3159.jpg
安くで見つけたので購入。 今回はデザートカラー。

垂直尾翼とローター(ダミー)が復活。
DSCF3162.jpg
これまでのキャビンは、テールの修理を繰り返すうちに重量バランスが崩れてしまっていたようで、トリムなしにホバリングできるようになった。

おまけ

BRAVO SX
DSCF3165.jpg
受信機を交換してから、かなり飛ばしやすくなった。
キャビンのせいか、飛行音はかなりウルサイ。

SOLOMAXX
DSCF3167.jpg
機体が軽いのでふわっと浮いてくれる。その分同じシングルローターのBRAVO SXよりもクセが強い感じ。
飛行音はとても静か。

続けて3機飛ばしてみると、それぞれのクセがあっておもしろい。
この前までは、アタフタしながら操作していたが、無意識で機体の微調整ができるようになった。
部品壊しても簡単に修理できるのがわかったので、思い切って飛ばせるようになったからかな。



先日、BRAVO?のプロペラを止める樹脂製のピンを折ってしまった。
”ヘリポート@新富”に電話してみると在庫アリということなので、仕事帰りに直行。
DSCF3150.jpg

 取り付けは面倒かなと思っていたが、思いのほか簡単な作業で安心した。
メインギア×2個を外すと、インナーシャフトがするりと抜けるので、シャフトごと交換するだけ。
 DSCF3151.jpg
 とりあえずメインローターの修理完了。

 先日、金魚鉢に水没後、ブラックホークダウンのシーンを再現してくれたBRAVO SX。 新しい受信機が届いていたので、これも取り付けることに。
DSCF3152.jpg

 LEDを移植。基板が小さいので半田付けが難しい。
 DSCF3155.jpg

 点灯確認。 サーボもローターも問題ないようなので組み立てて、
DSCF3157.jpg
 キャビンを外した状態で3機並べてみた。
 左から、”BRAVO SX” ”SORO MAXX” ”BRAVO?”

 リンケージの調整をしてキャビンを装着。
 DSCF3158.jpg
飛行調整を適当にやった割に、前よりも安定して飛ぶようになった。

DSCF3156.jpg
トイラジだが、部品交換が手軽にできるので、修理&調整も楽しい。

 ナインイーグルス SOLO MAXX V3

 仕事が終わって、一ッ葉有料道路をかっ飛ばして、新富町の”ヘリポート”へ直行。
 
ヒューズSXの代替で購入してしまった。
 DSCF3074.jpg
 機体が軽いので、すぐに浮かび上がる。
今回はショップで調整済みの機体のため。 箱出しでホバリングしてくれる。
 機体のクセがこれまでのスケール機と違うので若干戸惑うが、けっこう素直に言うことを聞いてくれる。

 分解調整も、ドライバーを使わずにキャビンが外せるのでとっても便利。
 DSCF3070.jpg
 
 スケール機のように、何個もネジを外す必要がない。
 DSCF3071.jpg

 水没したSX号の受信機と比較してみた。
DSCF3073.jpg
 型番は違うが、まったく同じもののような気がする(LEDがないが)。 今度機会があれば交換して使ってみよう。

 ラジコンヘリらしい? フォルム。
 DSCF3075.jpg

 キャビンを外さなくても、メカの動きが確認しやすい。
 DSCF3076.jpg

 定例のスワッシュプレートのボールリンケージを短いほうに組み直す。
 DSCF3077.jpg

 気づくとラジコン地獄に・・・・・・。

BRAVOⅢ号のLEDの点灯がおかしいので部品を交換。
DSCF3065.jpg
細かい半田づけに苦戦するも無事に修理完了。

BRAVO SX号もフレーム等の部品が届き、組み立て・調整完了。
DSCF3063.jpg

今日は、午後から代休。 家で思いっきり飛ばそうと、シングルローターのSX号を旋回飛行。
操縦にもだいぶ慣れてきたかなと思っていたら・・・・・・惨劇が。

旋回飛行中
コレが
DSCF2991-1.jpg
(BRAVO SX号)

コレに
DSCF3069.jpg
(金ちゃん&タニシ)

 ちゃぽん・・・・・と。

 狙ってもあんな小さなところに着地できないのに、吸い込まれるようにヘリが水槽の中へダイブ。

 慌ててサルベージ&乾燥。

 ドキドキしながら電池を入れ、各動作のチェック。。。。
 一応問題なく動いているけど・・・・・・ 

 試しに離陸させてみると、普通に飛んだ・・・・・・・と思ったら、白煙をはきながら回転を始めるSX号。
まるで映画のワンシーンのよう。かっこいい!!!

 煙と焦げ臭いにおいをまき散らし軟着陸。

 キャビンを開けてみると、エレベーターを動かすモーターが熱を持って動かなくなっていた。

 受信基盤が昇天されたらしい。   部品単価が安いラジコンヘリだが、受信器はセットで約5000円・・・・・。
DSCF3067.jpg
 一瞬の油断から、SX号は、次の機体が配備されてからの部品取りとして、第2の人生を・・・・・。


 フレームのネジ穴を斜めに切ってしまい破損させてしまった。
プラリペア等で修復を試みるが、フレーム交換したほうが早いと判断。 
SX号を完全分解してみることに。
DSCF3056.jpg
 見た感じ、単純な構造だしサクサク行けそうな予感。

 受信基板につながる配線は、コネクタで抜き差しできるようになっている。
DSCF3059.jpg
 簡単に部品が交換できるようによく考えられている。

 フレームからすべて取り外してみた。 基板はネジ2個、ほかの部品ははめ込み式で、簡単に外すことができた。
DSCF3060.jpg

 この状態でプロポを操作してみると、メインローターの動きがよくわかる。
DSCF3062.jpg
さて、元に戻せるかな? バランスとかよだきそう。



同軸のBRAVOⅢ号は、ホバリングさせながら写真を撮れるまでに飛行が安定してきた。
DSCF3031.jpg

最近は、ほぼ墜落無し。ドアの隙間から部屋に進入させたり、扇風機の風に挑んでみたりある程度コントロールができるようになってきた。
DSCF3034.jpg

 シングルローターのヒューズ号。
DSCF3024.jpg
 メインリンケージの調整や組み換えを行い、ずいぶん飛ばしやすくなった。
調子にのって振り回していると・・・・・。

 テールを壁にぶつけてしまい、テールローターが真っ二つに
 DSCF3037.jpg
 現在部品待ち&整備中。
 構造や調整の方法がわかってくると、修理も結構楽しい。


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2011 キツネの車輪 , All rights reserved.